• ウゴジは、白菜や大根の葉を乾燥させたものですニコニコ そのウゴジの他に、もやしやネギをたっぷり入れて、韓国の田舎味噌で煮込んだ味噌汁がウゴジヘジャングク 우거지해장국なんですが、ヘジャングク 해장국は、「解腸汁」のことです。 そのヘジャングクにも使用する材料によっていくつか種類があるんですが、二日酔いなどで体調が悪い時にヘジャングクを食べると、体調が良くなると言われています
  • キムチチゲは朝鮮で広く食べられている辛口の鍋料理・スープ料理である。その名のとおり白菜キムチが味の主体で、具には肉類または魚介類、野菜、豆腐などが使われる。
  • キムチチゲは朝鮮で広く食べられている辛口の鍋料理・スープ料理である。その名のとおり白菜キムチが味の主体で、具には肉類または魚介類、野菜、豆腐などが使われる。
  • 鶏肉に高麗人参、もち米などを入れて煮込んだスープである。熱いスープ料理であるが夏の料理として提供する専門店が多い。朝鮮において、日本の土用の丑の日におけるウナギのように「三伏の日に食べると健康に良い」とされ、夏バテ時の疲労回復としてよく食べられている。夏の間だけ提供する食堂が多いが、専門店では一年中食べることができる。ただし朝鮮風の、高麗人参が入っているものは、風邪などで熱がある時に食するのは動悸を誘発するため禁忌である[3]。中国には類似した人参鶏湯や人参燉鶏というスープ料理があるが、冬に食される、米ではなく蓮子を用いる、中には詰めないなどサムゲタンと子細は異なる。
  • 単にヘジャンクッといっても地方ごとに材料や調理方法が違い、その味も千差万別。例えばソウル地方のヘジャングッは牛の骨でじっくり出汁をとったスープに味噌を加え、豆もやし・大根・白菜・ネギなどを入れて煮た後、さらにソンジ(牛の鮮血)を加えてじっくり火を通した"ソンジヘジャンクッ"が代表的。"牛の鮮血"というとちょっと引いてしまいますが、見た目は赤黒い塊。ソンジだけを食べるとちょっと生臭くて食感はゆで卵の白身?!という感じですが、一緒にいろんな野菜や薬味が入った味わい深い味噌風味のスープです。このあっつあつのスープをふうふうしながら勢いよく食べると、汗とともにアルコールも抜けた感じで、二日酔いもかなりよくなること間違いなし!
  • ピョダギヘジャングクは カムジャ(じゃが芋)なしのカムジャタンの1人前バージョン的な料理です。 ピョダギヘジャングクの ピョ=骨 ヘジャングク=クッパ お肉がついてる骨がたっぷり入ってるクッパです!
  • ユッケジャン(육개장)は牛肉と色々な野菜、ワラビやモヤシなどをゆっくりゆでた辛味のある料理で、慶尚北道地域の牛肉のスープに由来する。粉トウガラシで味付けし、コショウや塩、砂糖、ゴマ油、醤油などの薬味を添加する。牛肉の代わりに鶏肉を使う場合もあり「タッユッケジャン」または「タッケジャン」と呼ぶ。 ユッケジャンの起源は犬肉のスープをベースとした宮廷料理にあり、牛のスープの一つとも見られる。熱くて辛いため、とくに夏に体をスタミナをつけるために多くの[要出典]人々が食べる。食べる時には、ご飯とキムチを一緒に食べる。
  • 味噌を主材料と煮大韓民国の伝統家庭料理。キムチチゲと韓国料理鍋の中心に対応する料理。忠清道の一部では、章と略して呼ぶこともある。国の目的で、少し薄く煮は味噌汁、あるいはトジャングクという。[1]実際には味噌汁と味噌チゲの違いはムクニャ/ジンのか程度の差だけ、本質的な違いはないので、この記事でのように説明する。
  • 純豆腐(スンドゥブ、순두부)は朝鮮の豆腐の一種で、日本の汲み出し豆腐(おぼろ豆腐)に相当する柔かい豆腐である。 チゲのメイン食材として使われることが多いので日常の会話では、豆腐そのものよりも純豆腐チゲ(スンドゥブ・チゲ、순두부찌개/純豆腐찌개)の略称として使われることが多い。純豆腐チゲは食堂や家庭で一般的かつ安価に親しまれている鍋料理のひとつである。
Our coupon allows you to receive 20% off your first order! Coupon: FIRSTORDER
Go to Top