• ナクチボックム(낙지볶음)は、テナガダコ炒め。ナクチ(낙지)はテナガダコ、ボックム(볶음)は炒め物の意。ぶつ切りにしたテナガダコをタマネギ、長ネギ、青唐辛子などの野菜とともに、粉唐辛子、コチュジャン、醤油などを混ぜ合わせた薬味ダレで炒める。居酒屋などで酒肴として提供されるほか、専門店では焼肉のように鉄板で炒めながら食べる。
  • ご飯に各種ハーブと各種章[3]は、他の動物の材料(卵、肉、マグロの缶詰など)を入れて混ぜて作る料理だ。章でコチュジャンを最も多く使用しますが、醤油をソースとして使用する場合もあり、その方がオリジナルレシピであることが知られている。
  • ピョダギヘジャングクは カムジャ(じゃが芋)なしのカムジャタンの1人前バージョン的な料理です。 ピョダギヘジャングクの ピョ=骨 ヘジャングク=クッパ お肉がついてる骨がたっぷり入ってるクッパです!
  • プルコギは、朝鮮半島の代表的な肉料理の一つ。醤油ベースで甘口の下味をつけた薄切りの牛肉を、野菜や春雨と共に焼く、あるいは煮る、朝鮮戦争最中に庶民の間で生まれた料理[1]である。
  • 豚の腸に、豚の血液、餅米、刻んだ香味野菜、唐麺(デンプンで作った麺。チャプチェなどに使われる)などを入れた後、蒸して作る。切った後に、調味塩(塩と胡椒)を添え、軽食として食すのが一般的。炒めもの、和え物、スープ、鍋物に入れるなどして一品料理として、専門的に扱う店もある。スンデは朝鮮半島北部の名物料理で、平安道の「アバイスンデ」、黄海道の開城スンデ、忠清道の並川スンデなどが有名。
  • 単にヘジャンクッといっても地方ごとに材料や調理方法が違い、その味も千差万別。例えばソウル地方のヘジャングッは牛の骨でじっくり出汁をとったスープに味噌を加え、豆もやし・大根・白菜・ネギなどを入れて煮た後、さらにソンジ(牛の鮮血)を加えてじっくり火を通した"ソンジヘジャンクッ"が代表的。"牛の鮮血"というとちょっと引いてしまいますが、見た目は赤黒い塊。ソンジだけを食べるとちょっと生臭くて食感はゆで卵の白身?!という感じですが、一緒にいろんな野菜や薬味が入った味わい深い味噌風味のスープです。このあっつあつのスープをふうふうしながら勢いよく食べると、汗とともにアルコールも抜けた感じで、二日酔いもかなりよくなること間違いなし!
  • ウゴジは、白菜や大根の葉を乾燥させたものですニコニコ そのウゴジの他に、もやしやネギをたっぷり入れて、韓国の田舎味噌で煮込んだ味噌汁がウゴジヘジャングク 우거지해장국なんですが、ヘジャングク 해장국は、「解腸汁」のことです。 そのヘジャングクにも使用する材料によっていくつか種類があるんですが、二日酔いなどで体調が悪い時にヘジャングクを食べると、体調が良くなると言われています
  • キムチチゲは朝鮮で広く食べられている辛口の鍋料理・スープ料理である。その名のとおり白菜キムチが味の主体で、具には肉類または魚介類、野菜、豆腐などが使われる。
  • タットリタンは、鶏肉と野菜を辛いスープで煮た朝鮮半島の煮込み・鍋料理。朝鮮版肉じゃがといった趣がある。日本語表記は他にも「タクトリタン」「ダットリタン」などさまざまであるが、韓国語では国語醇化政策により「닭볶음탕(タッポックムタン)」に改められた。
  • 海鮮鍋

    ¥3,500
    エビ、タコ、各種貝など、主に軟体動物 水産物を入れて沸かした湯料理。
  • カニを使った料理。「カニ和え物」とも呼ばれており、忠清道地方では壮年層以上を中心にムジョトという表現も使われる。ライバル(?)でカンジャンケジャンがある。
Our coupon allows you to receive 20% off your first order! Coupon: FIRSTORDER
Go to Top