• ナクチボックム(낙지볶음)は、テナガダコ炒め。ナクチ(낙지)はテナガダコ、ボックム(볶음)は炒め物の意。ぶつ切りにしたテナガダコをタマネギ、長ネギ、青唐辛子などの野菜とともに、粉唐辛子、コチュジャン、醤油などを混ぜ合わせた薬味ダレで炒める。居酒屋などで酒肴として提供されるほか、専門店では焼肉のように鉄板で炒めながら食べる。
  • ウゴジは、白菜や大根の葉を乾燥させたものですニコニコ そのウゴジの他に、もやしやネギをたっぷり入れて、韓国の田舎味噌で煮込んだ味噌汁がウゴジヘジャングク 우거지해장국なんですが、ヘジャングク 해장국は、「解腸汁」のことです。 そのヘジャングクにも使用する材料によっていくつか種類があるんですが、二日酔いなどで体調が悪い時にヘジャングクを食べると、体調が良くなると言われています
  • キムチチゲは朝鮮で広く食べられている辛口の鍋料理・スープ料理である。その名のとおり白菜キムチが味の主体で、具には肉類または魚介類、野菜、豆腐などが使われる。
  • キムチチゲは朝鮮で広く食べられている辛口の鍋料理・スープ料理である。その名のとおり白菜キムチが味の主体で、具には肉類または魚介類、野菜、豆腐などが使われる。
  • 鶏肉に高麗人参、もち米などを入れて煮込んだスープである。熱いスープ料理であるが夏の料理として提供する専門店が多い。朝鮮において、日本の土用の丑の日におけるウナギのように「三伏の日に食べると健康に良い」とされ、夏バテ時の疲労回復としてよく食べられている。夏の間だけ提供する食堂が多いが、専門店では一年中食べることができる。ただし朝鮮風の、高麗人参が入っているものは、風邪などで熱がある時に食するのは動悸を誘発するため禁忌である[3]。中国には類似した人参鶏湯や人参燉鶏というスープ料理があるが、冬に食される、米ではなく蓮子を用いる、中には詰めないなどサムゲタンと子細は異なる。
  • 豚の背骨と首の骨の部位を利用して作成し湯。カルカルながらも香ばしくて少しとろみスープがポイント
  • 豚の腸に、豚の血液、餅米、刻んだ香味野菜、唐麺(デンプンで作った麺。チャプチェなどに使われる)などを入れた後、蒸して作る。切った後に、調味塩(塩と胡椒)を添え、軽食として食すのが一般的。炒めもの、和え物、スープ、鍋物に入れるなどして一品料理として、専門的に扱う店もある。スンデは朝鮮半島北部の名物料理で、平安道の「アバイスンデ」、黄海道の開城スンデ、忠清道の並川スンデなどが有名。
  • 豚の腸に、豚の血液、餅米、刻んだ香味野菜、唐麺(デンプンで作った麺。チャプチェなどに使われる)などを入れた後、蒸して作る。切った後に、調味塩(塩と胡椒)を添え、軽食として食すのが一般的。炒めもの、和え物、スープ、鍋物に入れるなどして一品料理として、専門的に扱う店もある。スンデは朝鮮半島北部の名物料理で、平安道の「アバイスンデ」、黄海道の開城スンデ、忠清道の並川スンデなどが有名。
  • 単にヘジャンクッといっても地方ごとに材料や調理方法が違い、その味も千差万別。例えばソウル地方のヘジャングッは牛の骨でじっくり出汁をとったスープに味噌を加え、豆もやし・大根・白菜・ネギなどを入れて煮た後、さらにソンジ(牛の鮮血)を加えてじっくり火を通した"ソンジヘジャンクッ"が代表的。"牛の鮮血"というとちょっと引いてしまいますが、見た目は赤黒い塊。ソンジだけを食べるとちょっと生臭くて食感はゆで卵の白身?!という感じですが、一緒にいろんな野菜や薬味が入った味わい深い味噌風味のスープです。このあっつあつのスープをふうふうしながら勢いよく食べると、汗とともにアルコールも抜けた感じで、二日酔いもかなりよくなること間違いなし!
  • 「タッ」とは「鶏」、「ハンマリ」は「一匹、一羽」という意味で、そのまま日本語に直訳すると、「鶏一羽」!その名のとおり、鶏まるまる一羽をお鍋でグツグツ煮るちょっぴり豪快な鍋料理です。(※韓国語では「タッカンマリ」に近い発音になりなす。)淡白な鶏をまるごと一羽使うので、栄養たっぷりで食べやすく、「補身(ポシン)」といって身体にも良く精力のつく料理としても知られているタッカンマリ。鶏の他に、お鍋に入れられる具はネギ、ジャガイモ、トッ(韓国餅)などが代表的。スープは鶏のダシが効いた辛くないタイプが一般的で、見た目は日本の鶏の水炊きに煮ているとも言われますが、多くの場合、大量のニンニクも入っているので食べてみるとやはり韓国の味!お店によってはタデギ(辛い薬味)で味付けした少しピリ辛のスープになっているところや、人参やナツメなどの漢方を加えたヘルシーなスープのものも。
  • タットリタンは、鶏肉と野菜を辛いスープで煮た朝鮮半島の煮込み・鍋料理。朝鮮版肉じゃがといった趣がある。日本語表記は他にも「タクトリタン」「ダットリタン」などさまざまであるが、韓国語では国語醇化政策により「닭볶음탕(タッポックムタン)」に改められた。
  • チヂミ(지짐이[1]または지짐[2])またはチジミは、韓国料理の一つ。様々な食材を溶いた小麦粉などと合わせ、油で平たく焼いた粉食。雨の日になるとチヂミを食べる俗習があるが、これはチヂミを焼く音と雨の降る音が似ているため。荒天時は買い物が面倒なため、家に常備した小麦粉で食事を調えるという意味合いもある。祭祀に欠かせない料理でもある。 地方によってさまざまなチヂミがあるが、日本で一般的に知られるチヂミは薄く外側はパリっと、内側はもちっとした食感のものであり、タレにつけて食べる。日本では大抵の韓国料理店で供されるほか、食品スーパーで「チヂミの粉」が売られるなど、なじみ深い料理となっている。
  • レタスを適当な大きさに裂いて味付けに和えたものである。焼肉屋に行くほとんどのおかずとして提供される。様々な亜種が存在し、代表的には、唐辛子粉を抜いて甘くするか、レタスを減らし波の量を全体の束を増やす場合があります。白菜にする一般的な浅より確実に少ない辛くするのが特徴。慶尚道の方言では、在来機とする。
  • うるち米で作られた棒状の餅「カレットック(가래떡)」を主原料とし、コチュジャンや砂糖を使って甘辛く煮混んだ料理。韓国の庶民料理として親しまれ、屋台の定番メニューとなっている。夜食や子供のおやつとしても食べられている。 ハングルの発音表記で記述すると「떡뽀끼」となる。
  • チヂミ(지짐이[1]または지짐[2])またはチジミは、韓国料理の一つ。様々な食材を溶いた小麦粉などと合わせ、油で平たく焼いた粉食。雨の日になるとチヂミを食べる俗習があるが、これはチヂミを焼く音と雨の降る音が似ているため。荒天時は買い物が面倒なため、家に常備した小麦粉で食事を調えるという意味合いもある。祭祀に欠かせない料理でもある。
  • ご飯に各種ハーブと各種章[3]は、他の動物の材料(卵、肉、マグロの缶詰など)を入れて混ぜて作る料理だ。章でコチュジャンを最も多く使用しますが、醤油をソースとして使用する場合もあり、その方がオリジナルレシピであることが知られている。
  • ピョダギヘジャングクは カムジャ(じゃが芋)なしのカムジャタンの1人前バージョン的な料理です。 ピョダギヘジャングクの ピョ=骨 ヘジャングク=クッパ お肉がついてる骨がたっぷり入ってるクッパです!
  • ブデチゲ(部隊チゲ、部隊鍋/부대찌개)は、韓国のチゲの一種。肉、野菜、豆腐などといった一般的なチゲの材料と共に、ソーセージまたはスパムに代表されるランチョンミート、インスタントラーメンといった保存食の食材を辛味のスープで煮込んだ、大衆的鍋料理である。
  • プルコギは、朝鮮半島の代表的な肉料理の一つ。醤油ベースで甘口の下味をつけた薄切りの牛肉を、野菜や春雨と共に焼く、あるいは煮る、朝鮮戦争最中に庶民の間で生まれた料理[1]である。
  • カニを使った料理。「カニ和え物」とも呼ばれており、忠清道地方では壮年層以上を中心にムジョトという表現も使われる。ライバル(?)でカンジャンケジャンがある。
  • ユッケジャン(육개장)は牛肉と色々な野菜、ワラビやモヤシなどをゆっくりゆでた辛味のある料理で、慶尚北道地域の牛肉のスープに由来する。粉トウガラシで味付けし、コショウや塩、砂糖、ゴマ油、醤油などの薬味を添加する。牛肉の代わりに鶏肉を使う場合もあり「タッユッケジャン」または「タッケジャン」と呼ぶ。 ユッケジャンの起源は犬肉のスープをベースとした宮廷料理にあり、牛のスープの一つとも見られる。熱くて辛いため、とくに夏に体をスタミナをつけるために多くの[要出典]人々が食べる。食べる時には、ご飯とキムチを一緒に食べる。
  • ワカメ(学名: Undaria pinnatifida)は、海に生息する海藻との褐藻類である。植物と似ているが、分類上の植物ではなく、原生生物に属する。ミネラル、ビタミン、および繊維成分、粘質性多糖類、ヨウ素を含有しており、食用になる
  • 味噌を主材料と煮大韓民国の伝統家庭料理。キムチチゲと韓国料理鍋の中心に対応する料理。忠清道の一部では、章と略して呼ぶこともある。国の目的で、少し薄く煮は味噌汁、あるいはトジャングクという。[1]実際には味噌汁と味噌チゲの違いはムクニャ/ジンのか程度の差だけ、本質的な違いはないので、この記事でのように説明する。
  • チヂミ(지짐이[1]または지짐[2])またはチジミは、韓国料理の一つ。様々な食材を溶いた小麦粉などと合わせ、油で平たく焼いた粉食。雨の日になるとチヂミを食べる俗習があるが、これはチヂミを焼く音と雨の降る音が似ているため。荒天時は買い物が面倒なため、家に常備した小麦粉で食事を調えるという意味合いもある。祭祀に欠かせない料理でもある。 地方によってさまざまなチヂミがあるが、日本で一般的に知られるチヂミは薄く外側はパリっと、内側はもちっとした食感のものであり、タレにつけて食べる。日本では大抵の韓国料理店で供されるほか、食品スーパーで「チヂミの粉」が売られるなど、なじみ深い料理となっている。
  • 海鮮鍋

    ¥3,500
    エビ、タコ、各種貝など、主に軟体動物 水産物を入れて沸かした湯料理。
  • 純豆腐(スンドゥブ、순두부)は朝鮮の豆腐の一種で、日本の汲み出し豆腐(おぼろ豆腐)に相当する柔かい豆腐である。 チゲのメイン食材として使われることが多いので日常の会話では、豆腐そのものよりも純豆腐チゲ(スンドゥブ・チゲ、순두부찌개/純豆腐찌개)の略称として使われることが多い。純豆腐チゲは食堂や家庭で一般的かつ安価に親しまれている鍋料理のひとつである。
  • 豆腐キムチは炒めキムチに温め暖め豆腐を添え食糧である。一般的に、豚肉がキムチと一緒に調理されて出てくる。この食品は、焼酎やマッコリを飲むとき、多くの場合つまみに提供される。
  • 日本でも野菜炒めや豚キムチなど、豚肉を炒めた料理が多くありますが、 韓国で最もポピュラーな豚肉の炒め料理がこのジェユクポックムです。
Our coupon allows you to receive 20% off your first order! Coupon: FIRSTORDER
Go to Top