• レタスを適当な大きさに裂いて味付けに和えたものである。焼肉屋に行くほとんどのおかずとして提供される。様々な亜種が存在し、代表的には、唐辛子粉を抜いて甘くするか、レタスを減らし波の量を全体の束を増やす場合があります。白菜にする一般的な浅より確実に少ない辛くするのが特徴。慶尚道の方言では、在来機とする。
  • ワカメ(学名: Undaria pinnatifida)は、海に生息する海藻との褐藻類である。植物と似ているが、分類上の植物ではなく、原生生物に属する。ミネラル、ビタミン、および繊維成分、粘質性多糖類、ヨウ素を含有しており、食用になる
  • うるち米で作られた棒状の餅「カレットック(가래떡)」を主原料とし、コチュジャンや砂糖を使って甘辛く煮混んだ料理。韓国の庶民料理として親しまれ、屋台の定番メニューとなっている。夜食や子供のおやつとしても食べられている。 ハングルの発音表記で記述すると「떡뽀끼」となる。
  • チヂミ(지짐이[1]または지짐[2])またはチジミは、韓国料理の一つ。様々な食材を溶いた小麦粉などと合わせ、油で平たく焼いた粉食。雨の日になるとチヂミを食べる俗習があるが、これはチヂミを焼く音と雨の降る音が似ているため。荒天時は買い物が面倒なため、家に常備した小麦粉で食事を調えるという意味合いもある。祭祀に欠かせない料理でもある。
  • ご飯に各種ハーブと各種章[3]は、他の動物の材料(卵、肉、マグロの缶詰など)を入れて混ぜて作る料理だ。章でコチュジャンを最も多く使用しますが、醤油をソースとして使用する場合もあり、その方がオリジナルレシピであることが知られている。
  • チヂミ(지짐이[1]または지짐[2])またはチジミは、韓国料理の一つ。様々な食材を溶いた小麦粉などと合わせ、油で平たく焼いた粉食。雨の日になるとチヂミを食べる俗習があるが、これはチヂミを焼く音と雨の降る音が似ているため。荒天時は買い物が面倒なため、家に常備した小麦粉で食事を調えるという意味合いもある。祭祀に欠かせない料理でもある。 地方によってさまざまなチヂミがあるが、日本で一般的に知られるチヂミは薄く外側はパリっと、内側はもちっとした食感のものであり、タレにつけて食べる。日本では大抵の韓国料理店で供されるほか、食品スーパーで「チヂミの粉」が売られるなど、なじみ深い料理となっている。
  • チヂミ(지짐이[1]または지짐[2])またはチジミは、韓国料理の一つ。様々な食材を溶いた小麦粉などと合わせ、油で平たく焼いた粉食。雨の日になるとチヂミを食べる俗習があるが、これはチヂミを焼く音と雨の降る音が似ているため。荒天時は買い物が面倒なため、家に常備した小麦粉で食事を調えるという意味合いもある。祭祀に欠かせない料理でもある。 地方によってさまざまなチヂミがあるが、日本で一般的に知られるチヂミは薄く外側はパリっと、内側はもちっとした食感のものであり、タレにつけて食べる。日本では大抵の韓国料理店で供されるほか、食品スーパーで「チヂミの粉」が売られるなど、なじみ深い料理となっている。
  • 味噌を主材料と煮大韓民国の伝統家庭料理。キムチチゲと韓国料理鍋の中心に対応する料理。忠清道の一部では、章と略して呼ぶこともある。国の目的で、少し薄く煮は味噌汁、あるいはトジャングクという。[1]実際には味噌汁と味噌チゲの違いはムクニャ/ジンのか程度の差だけ、本質的な違いはないので、この記事でのように説明する。
  • 純豆腐(スンドゥブ、순두부)は朝鮮の豆腐の一種で、日本の汲み出し豆腐(おぼろ豆腐)に相当する柔かい豆腐である。 チゲのメイン食材として使われることが多いので日常の会話では、豆腐そのものよりも純豆腐チゲ(スンドゥブ・チゲ、순두부찌개/純豆腐찌개)の略称として使われることが多い。純豆腐チゲは食堂や家庭で一般的かつ安価に親しまれている鍋料理のひとつである。
  • キムチチゲは朝鮮で広く食べられている辛口の鍋料理・スープ料理である。その名のとおり白菜キムチが味の主体で、具には肉類または魚介類、野菜、豆腐などが使われる。
Our coupon allows you to receive 20% off your first order! Coupon: FIRSTORDER
Go to Top